• ホーム
  • リウマチの症状とは
  • 受診前の準備
  • いざ受診へ
  • 治療がはじまる
  • 治療を継続する
教えてリウマチ なぞを知る。未来が変わる

いざ受診へ ~どうやって治療するの?~

生物学的製剤について

生物学的製剤にはどのような種類があるの?

関節リウマチに使用される生物学的製剤には大別すると、

1. 炎症を悪化させるサイトカイン*であるIL-6の働きを妨げるもの、
2. TNFαの働きを妨げるもの、
3. Tリンパ球の働きを抑えるもの(CTLA4)

の3種類があります。

薬によって効き方や副作用が異なるため、総合的に判断して他の薬に変えることもあります。
よく主治医と相談して選びましょう。

*サイトカイン
サイトカインは、本来はからだを正常に機能させるために必要なたんぱく質です。しかし、体内で炎症を生じたときにも多く作られます。
関節リウマチの患者さんの関節の中では、IL-6やTNFαといったサイトカインが増えています。このサイトカインが関節の軟骨や骨の細胞に結合すると、炎症を悪化させる信号が細胞内に送られ、関節の腫れや痛み、関節の破壊がさらに進行することになります。
関節リウマチの治療に用いられる生物学的製剤は、IL-6やTNFαが細胞に結合するのを妨げて、炎症を鎮静化させる作用があります。

  • 前へ

ページトップへ